トイレの新しい設備紹介

 リモコン以外には全く何にも触れずに用を足せるコンセプトでトイレ改修を行いました。コロナ感染防止対策として、フタを閉めてから流す(洗浄する)様、ご協力お願い致します。

便器本体

自動でノズルや便器内を次亜塩素酸水で消毒してくれます。自動脱臭機能もついています。フタを閉める前に勝手に流れる可能性があるのでオート洗浄機能はOFFにしております(コロナ感染防止対策として)。

製品詳細はこちら

操作方法

トイレドアを開けたら自動でフタが開きます。

(男性小便時はリモコンで便座を上げて下さい)

用を足されましたら、リモコンにてフタを閉めてから、流すボタンを押して下さい。

今のTOTO上位機種は、フタ開閉や自動洗浄もリモコンすら触らなくて全て自動で済む設定が可能なのですが、用足し後に便座から少し離れて中腰でお拭きになる方が勝手に閉まるフタに挟まれてしまい、押し戻すとフタが故障するとの事で、泣く泣くリモコンでのフタ開閉と洗浄をお願いする事としました。国産便器各社まだコロナ対応商品に手がほとんど届いていない状況です・・・

ペーパーホルダー

赤線部分に空間があり、ペーパー以外に触れずに紙を取り出しやすくなっています。赤線に沿って指を入れて紙を引き出して、そのままちぎって下されば、写真の状態に戻るはずです。

この商品詳細はこちら

壁と床

教室終了時(昼と夕方の2回)トイレ全体を次亜塩素酸水で消毒しているので、床は耐次亜塩素酸水のクッションフロアに張替え。壁も下半分を掃除しやすい物に交換しました。

リモコンスイッチ

入室時にフタのみ自動で開きます。男性の方の立小便時に押すボタン「便座開閉」と、「便蓋開閉」ボタンが区別しにくいので工夫してみました。

過去1か月間の調査で女性の方の利用回数が男性より若干多かったので、フタのみ自動開きの件、ご了承下さい。

リモコンボタンからの感染をご心配の方用に、使い捨て爪楊枝をご用意しております。使われた楊枝は右の器にお捨て下さい。

除菌グッズ

今まで通り、除菌シートやスプレー・アルコール手指消毒液をトイレに常備しておりますので、ご自由にお使い下さい。

 

 

おまけ:フタを閉めてから流した方が良い根拠

2020年5月5日 政府専門家会議から

2020年7月29日 日経ナショナル ジオグラフィック社