アンティーク バティック

展示会の什器として使っているこの布のエピソード。インドネシアのタナトラジャで居候して農作業を終えた後に、ジョグジャカルタにてバティック(ろうけつ染)を3日間ほど習いました。その時にお店でこの布を見つけ、値段を聞いたら120米ドル位だったのですが、トラジャの農作業の1か月分の給料と近い額だったので、すっかり現地人感覚になっていた私には15~20万円相当に感じ、数日間毎日店に通っては、買うか辞めるか迷っていたのですが、店長さんと色々話ているうちに「ボランティアだ!買いなさい」と言われて安く買わせてもらった思い出があります。今行ったらもう2~3枚買っちゃうんだろうなあ~。ちなみに100年近い昔の製品との事です。