結晶釉のテストピース

NHK朝ドラをご覧になっている生徒さんから、「筆で釉薬上に重ねて結晶が出る釉薬をやっていたので、ああいうの出来ませんか?」とご相談を頂きました。私はテレビを見ない(最近はコロナ関連のニュースはやたら観ていますが・・・)のでお話しだけの想像ですが、恐らく亜鉛を使った結晶釉だろうと思いましたので、今日の酸化焼成の窯に亜鉛結晶釉のテストピースを数種類入れております。写真のテストピースは普段使っている釉薬上に結晶のタネ(白っぽい粒状の物)を置いてみたサンプルです。結晶釉は窯焚き時間が長くなるので焼成が辛いんですよお~(泣)。最高温度に達してある程度温度維持した後に、ちょっと温度を100℃程度下げてから、さらにその温度を2~3時間維持しないと結晶が育たないので、一番眠い時間に窯に張り付く時間が増えるんです・・・今日は朝4時過ぎまで掛かるのは間違いないです。

しまだひでや陶芸教室

八王子市中山832

℡042-678-1770

営業時間 

9:30~12:00

13:00~15:30

不定休

アクセスカウンター