危険な天日干し

久しぶりに日が差したので、削った乾燥中の粘土や、素焼き待ち作品などを干しましたが、2時間も経たずに雷鳴が聞こえたので即撤収。