ヒビの補修

作品の底締めが甘いと、乾燥や焼成時に底にヒビが生じる事があります。こうならない様、底締めをしっかりするのが理想ですが、万一本焼き時にヒビが生じた場合は、釉薬をヒビに埋め込んで(写真)再度焼成する裏技がございます。