陶芸材料販売

私が工房でオリジナルに作りました陶芸材料などを販売致します。

今後は釉薬原料の灰なども販売予定です。

トチ渋(とち渋、栃渋)販売

織部釉は釉薬成分に銅を含んでおります。焼成によって酸化銅のギラギラした被膜が器表面に出てしまいます。それを除去するのにトチ渋を使います。 (写真器の右側だけトチ渋に漬けました)

トチ渋は酸化銅皮膜除去以外にも、器を染める事にも使います。長石釉やビードロ釉などの貫入部分や素地にトチ渋を染みこませることで、骨董品の様な風格ある時代をつける事が出来ます。

(左:トチ渋使用前、中央と右:トチ渋使用後)

柿渋同様、トチ渋も作りたての物よりも最低1年は寝かせた物の方が、いい効果が出ていると感じております。新物だと酸化銅皮膜の除去する能力が、寝かせた物よりも若干落ちる印象を持っています。

現在販売している物は2008年製の7年物と、昨年末に出来たての2種類をご用意しております。

また、トチ渋で器を染めて(貫入から渋が染まる)骨董品の様に見せる事も出来ます。

 

 お使いになる粘土や釉薬によっては、トチ渋の効果があまり出ない物もあります。色んな土や釉薬調合でテストしてみて下さい。

 製品に「簡単な使い方」を記載したメモを同封しておりますが、それ以上のご質問には一切お答え出来ませんし、それを求められる方にはお売り出来ません。ご自分でテストして答えを探って下さい。

 

●トチ渋古渋(2008年製 7年物)

        2リットル3,000円(送料・消費税別)

●トチ渋新物(昨年末に出来たての物)

        2リットル2,000円(送料・消費税別)

にて販売致します。

購入ご希望の方は、問い合わせページより連絡下さい。

 

赤貝

赤貝の目跡(貝目)
赤貝の目跡(貝目)
焼成時のイメージ
焼成時のイメージ

陶芸に使う赤貝、ある所にはあるんですが、以外と入手しにくい物。

赤貝は焼成時に貝目を景色にするためや、釉薬を拭き取りたく無い作品の焼成時などに使います。上に作品を載せる場合は補強のため道具土を詰めて窯入れします。焼〆焼成の場合は貝の周辺に緋色が出ます。

 

国内で採取しました天然物なので、サイズ違いや多少の欠け汚れはご理解下さい。焼成には支障ありません。採取後に数回塩抜きの水洗いをしております。

 

100グラム500円(送料・消費税別)にて販売致します。

購入ご希望の方は、問い合わせページより連絡下さい。

100gの目安

幅2~5センチ程度の物を適当に混ぜておおよそ30個前後、

幅4~5センチの物だけだと、約20個、

幅7~8センチの物は2~3個が100gの内容です。

しまだひでや陶芸教室

八王子市中山832

℡042-678-1770

営業時間 

9:30~12:00

13:00~15:30

不定休

アクセスカウンター