まず、この環境をお楽しみ下さい

自然に囲まれた工房

工房裏には白山神社の鎮守の森があります。四季折々に野鳥のさえずりをBGMに、風の抜ける一軒家(戸建)の工房でゆっくり落ち着いて作陶頂ける環境にございます。かといって山奥では通いにくいのでこの場所を選びました。
東京都では準絶滅危惧種になっている動植物も身近にいますよ。
日常から離れ、作陶に集中して頂くのに絶好のロケーションだと考えております。

綺麗な床と、自然素材の壁

掃除の徹底した床

毎日教室前後にぞうきん掛けを徹底し(涙)、年2回のワックス掛けも怠らず、「いつでも布団を敷いて寝られる!」を個人的なスローガンに(???)綺麗な床を心がけておりますので、土ホコリの舞う教室では御座いません。

壁は珪藻土と木で施工、自然素材にこだわって作りました。

入会金無料・道具購入不要

道具は自由にお使い下さい

気軽に始めて頂きたいので、入会金は頂いておりません。
道具も全て教室のをお使い下さい。生徒さんに道具を買って頂く必要は御座いません。

初心者歓迎!

初心者の方の作品例

生徒さんの2/3は初心者でした。皆さんがロクロを難しいとお思いなのはテレビでロクロ作陶中の作品がグチャッと崩れるのをご覧になっているからですよね??あれ、演出上のヤラセですからね(笑)。

陶芸教室で講師がいる環境では滅多に無い事です。
小学生1年生のお子さんでも初日にどんぶり位挽いて帰ります。

写真は初めてロクロを挽かれた生徒さん作品です。

当工房では初日からロクロ作陶頂けます!

作りたい物は自由

自由作陶です

「いきなり急須って無理ですか?」「いいえ、少し遠回りなやり方で良ければ、初心者の方でもやれる方法は御座いますよ。」って感じで、皆さんが今欲しいと思っておられる作品を作って頂く事をモットーにしております。
正攻法では色々な技法をマスターしてからでないと出来ない難易度の高い作品でも、色々工夫して今お持ちの技術で作れる様ご指導する事を得意としております。
写真は二度目の作陶で小学生2年生が作った急須です。

少人数予約制

少人数制の教室です

自由制作につき、じっくりご指導させて頂きたいので、4~5名様を定員としております。
完全予約制ですが、通常の習い事の様に曜日や時間を固定して頂いておりません。ご都合に合わせ、ランダムな曜日や時間帯でご予約頂けます。 土日も営業しています。

振り替え自由・キャンセル可

急な風邪でも安心して振替下さい

本コースならキャンセルは当日朝8時まで可。後日に無料で振り替え致します。(8時以降のキャンセルや無断欠席はキャンセル料が発生します。本コースの場合は1回分2,350円)。体験の場合は一週間前の朝8時以降のキャンセルはキャンセル料代金の100%頂きます。

美人女性講師がいないのに、なぜか男性生徒さんも多いです

出入りの業者さん曰く「お宅の教室はなんでいつも静かなの?」と良く言われます。恐らく生徒さんの大半が通われる曜日や時間帯を固定されておられないので、毎回メンバーが違う事が原因かもしれません。(別に私が怖い顔して「私語を慎め~!」って言っている訳ではありませんので 笑)なので作陶に没頭して頂ける様です
それが原因かどうか、2017年12月現在では男性生徒さん46%となっております。

独自の指導方法

反らない板皿

例えば板皿。技法書では「裏にスリット(溝)を入れる事でソリを防ぐ」とありますが、これでソリが防げた試しがほとんど無いので、試行錯誤の末にたどり着いた独自の技法でご指導しています
他にも技法書とは違うやり方でご指導している事は多いですが、「スタンダードなやり方はこうですが・・・」って一応両方ご説明しておりますので、ご自分に合ったやり方で作陶して下さい。

新規入会の生徒さんの1/3位の方は、他教室から移られた経験者の方ですが、「前の所ではこんなに指導してもらえなかった」とおっしゃって頂ける事が良くありました。

粘土・釉薬の種類が豊富

粘土・釉薬サンプル表

八王子粘土を始め、信楽や瀬戸・萩・鍋土など20種類以上をご用意
釉薬も20種類以上をご用意。お好みやご用途にあった土と釉薬・焼成方法をお選び頂けます。もちろん、絵付けも出来ます。
釉薬は薪ストーブで得た灰を使って作っております。(2017年末現在では22種類をご用意)

エコへのこだわり(夏編)

よしずで涼しい屋根

工房屋根によしずを設置し、さらに水を散布して気化熱で屋根を冷やしております。南側に成長の早いオニグルミを植え、屋根に木陰も作ってもらって冷房を極力減らしております。

エコへのこだわり(冬編)

薪ストーブの暖かい工房

暖房に薪ストーブを用いております。体の芯から暖まります。出た灰は釉薬主原料になります。
薪は近所の植木屋親方さんと一緒に伐採現場をお手伝いして頂いたり、里山活動で伐採した木を頂戴しております。
薪を燃す時は、特定の樹種のみで燃やしています(例えばコナラの時はコナラだけしか使いません。燃えにくい木の時は焚き付けが大変苦労するんです)。樹種によって個性の違う釉薬になるので、色々試して遊んでいます。市販の釉薬と違ってアクを強めに残して精製しているので、雑味ある豊かな表情の釉薬が出来上がります。

粘土管理代行

粘土クズを干して再生

ロクロは大量の削り土が出ます。これは一度お買上頂いた以上、生徒さん財産と考え、こちらで再生作業をさせて頂いて、後日お使い頂ける様にしております。
削った土を一度乾かし(写真)、砕いて水と混ぜて攪拌機で撹拌し、布にくるんで除除に水分を落としていく。大変時間と手間がかかる作業なんですよ。

生徒さんが作陶された作品は、次回作業に適した堅さまで乾かして講師側で保管・湿度管理させて頂いております。

作品の写真管理

パソコンで写真管理

生徒さんのお作りになった作品を、全てパソコンで写真管理しております。「先生、あの時に作った作品と同じ粘土で・・・」なんて時に、パソコンで作品写真を見て判断出来ます。
また、写真集「最新の窯出し」で作品を公開しております。

窯と焼成方法

窯の内部

ガス窯は通常の窯より壁の厚い特注品。冷ましも焼きの内。冷めにくい窯なので冷却時の作品の割れを減らせるだけでなく、ギラギラとした光沢の少ない仕上がりになります。
焼成方法は「還元焼成」がベース。土味を活かせる焼成方法です。

通常は1200~1230℃での焼成が一般的の様ですが、当工房では1280℃での焼成を行っております。器がより焼き締まり、強度も増しています。

粘土や釉薬に使う水はアルカリイオン水を使っています。実は粘土は生き物。粘土に棲むバクテリア君達が元気だと挽きやすい土になるので、バクテリアを痛める塩素を除去したイオン水がいいのです。
釉薬も中性よりアルカリ性の方が面白い色が出るんですよ。弱酸性のお肌にはあまり良くないので、私の手は冬場はアカギレだらけですが・・・(泣)

車椅子対応

車椅子でのロクロ作陶

普段は段差のある工房玄関、車椅子の生徒さんがお越しになる際にはスロープ状に出来ます。但し駐車場から工房玄関までのスロープがキツイのでお手伝いの方の協力を必要とします。

体に障害のある方でも・・・

卓上ロクロ

例えば卓上ロクロを用いれば、腰が悪くて曲がらない方や、脚が開けない方などもロクロ作陶が可能です。見学時にご不安な事をご相談下さい。障害を理由に遊ぶ事を諦めて頂きたくはありません。まずは試しにやってみましょう!

イベント

筍掘り

教室生徒作品展を毎年春に開催。野焼きや春の筍掘り(左写真)、各種講習会(粘土掘削・釉薬講習会・金つくろい講習会など)も随時行います。

教室設備

招き猫

ガス窯1基、野焼き窯(組立式)1基
電動ロクロ5台(全て静音の最新型)、卓上電動ロクロ1台、手ロクロ5台
薪ストーブ、コンプレッサー、ポットミル

周辺部品は仕入れ値

時計ムーブメント

時計のムーブメント(写真右の機械)や、照明器具の電材(電球やソケット、コード類)、急須の取っ手などの周辺部品は製造元などから直接大量に仕入れた物を、ほぼ原価で販売しております。
例えば時計ムーブメントはハンズなどで1000円近いですが、400円で販売しております。
道具や材料を高く売る事で利益を出そうとは思っておりません。

駐車場

駐車場

工房前に4台分の駐車場が御座います。

工房から徒歩30秒の所にも2台分確保しておりますので、最大6台駐車出来ます。

定員最大5名様の工房なので、駐車場完備となります。

椅子の高さ

腰の痛くなりにくい椅子の高さ

通常のロクロ椅子高さは、ロクロ回転台と同じ赤いライン。ところがこれって挽きにくい上に腰に悪い前傾姿勢となります。その証拠に陶芸家には腰痛持ちが多いんです・・・

当工房では椅子座面高さを33センチの青いラインにし、長時間の作陶でも腰に負担の無い工夫をしております。

薪・薪・薪

薪小屋

膨大な量の薪を保管しております(写真の3倍程度)。よく「登り窯はどこですか?」って聞かれます(泣~!!)。ごめんなさい。薪ストーブ用なんです・・・釉薬にするため(※)、特定の樹種の薪を確保しております。

(※)原発事故以降の薪は安全が確認出来ないので釉薬にはしておりません。

 

しまだひでや陶芸教室

八王子市中山832

℡042-678-1770

営業時間 

9:30~16:00

不定休

アクセスカウンター