弱酸性次亜塩素酸水について

 教室で使っている弱酸性次亜塩素酸水について、聞き慣れない薬品であるのでご不安を感じられる方もおられると思い、いくつか関連サイトをご紹介します。

 教室で使っているのは、キエルキンという商品を使用しています。追記添付。メーカーに問い合わせた所、まだコロナウイルスでの科学的実験が出来ていないのと、薬事法上問題あるので「効きます」とは言えないとのお話しでしたが、ウイルスの細胞核をアルコールと同様に破壊して死滅させる事は確証があるので、担当者レベルでは「効くはずです」との見解でした。

 担当者の方の確証というのが、アルコールでも死滅しない細菌の細胞壁を次亜塩素水は壊せるので、コロナウイルスがどちらのグループのウイルスでも効果はあるはずとの事なのです(右図参照)。

 しかも有機物に触れて殺菌能力を発揮した直後には水に戻る事と、厚生労働省で食品洗浄や消毒にも使える事を紹介しています。

NEW! 共同開発をしたおんが病院と、空間除菌効果の記載資料はこちら

人の出入りがある集中治療室での細菌を30%除菌したとの事です。

 

次亜塩素酸水をコロナ対策に用いている・紹介しているサイト

全国に展開するホテルグループ(ドーミーイン)で使用

福井市の歯医者さん

富山テレビのサイトから

 

追記

キエルキンの加湿は花粉症対策にもなるそうです。こちら

 

NEW! 

次亜塩素酸水の空間除菌に対しての批判的な意見

3月23日放送のTBSひるおびという番組で、コメンテーターのナビタスクリニックの濱木さんが「次亜塩素酸水で空間除菌出来ると歌っている一部メーカーもあるが、次亜塩素酸水の空間除菌は効き目が無いという事が、我々医師仲間の共通した認識です」「こういう間違った認識がまかり通ってしまう事は、私達の発信が足りていない事を反省しています」という旨の発言をされていました。具体的になぜ次亜塩素酸水空間除菌が効かないのかの解説・説明がなかったので「K1会場の様な広い場所だから効かないのか?」「次亜塩素酸水自体が空間除菌する力が無いのか?」等は不明ですが、過信しない事も重要だと思うのと、自己責任には正しい情報提供が前提となるので、批判的ご意見もあえて掲載させて頂きます。
(スプレーで手か物を殺菌するゼスチャーを行いながら「これなら効くけど」っぽい事もおっしゃっていました)